ハードディスクを捨てる時には分解して破壊してデータを読めないようにしよう

thikasa

Category: PC / Tag: , ,

How to dismantle hdd 08

大事なデータが詰まったハードディスク。
不埒な輩が多い昨今、何もせずそのまま捨てるのは抵抗があります。
資源ごみを漁る人って本当にいるんですよ。何度も目撃してます。

なので、分解して物理的に壊してしまいましょう。
その方法を紹介します。


捨てるに捨てられないハードディスク

引き継いで引き継いで使い続けているハードディスク。
気がついたらこんなに。(あともう何台かあります)
How to dismantle hdd 01

10GB とかありますよ。どんな時代だ…
How to dismantle hdd 02

ヘタに捨てると、拾われて中身を見られてしまう可能性が否定できない近頃です。
なので分解して壊してデータが読まれないようにしましょう。

なお、今回分解するハードディスクは、デスクトップ用等で使われる、3.5 インチのものです。
ノートPCなどで使われている 2.5 インチのものは、また機会あればやってみます。

分解にはトルクスドライバーが必要

ハードディスクで使われているネジは、トルクスネジと呼ばれる特殊な形状で、専用の工具が必要です。
トルクスドライバーと呼ばれているものです。
How to dismantle hdd 03

上から、T6、T8 と呼ばれるネジ頭の大きさの規格のものです。
ハードディスクの分解には(たいてい)この2つが必要になります。

ネジ頭をナメて壊してしまうと分解できなくなってしまうので、しっかり力を入れられる↑こういうのをおすすめします。

作りもとてもしっかりしてておすすめ↓

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300
兼古製作所
売り上げランキング: 279
アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T8×60 No.6300
兼古製作所
売り上げランキング: 812

ハードディスクの分解

さて分解します。

こちらがトルクスネジ。T8 の大きさになります。
How to dismantle hdd 04

こんな風にシールの下に隠れていることもあります。
How to dismantle hdd 05

カバーを外すとこんな感じに。
How to dismantle hdd 06

ハードディスク本体を留めているのが、T6 の大きさのトルクスネジです。
(これはハードディスクによっては T8 の場合もあります)
これナメやすいので注意です。
How to dismantle hdd 07

これがハードディスク本体。鏡のようです。
How to dismantle hdd 09

こんな感じで全部取り出しました。
How to dismantle hdd 10

さぁ壊しましょう。

ハードディスクを物理的に破壊

さてここからが本題です。
取り出したハードディスクを、データを読み込まれないように破壊します。

ここで注意してほしいことがあります。

ハードディスクによっては、素材としてガラスでできているものがあります。
これは破壊すると細かい破片になるので危ないです。
破壊する際には、ビニール袋か何かに入れてから、力を加えて破壊しましょう。
How to dismantle hdd 11

これは経験則なので正式なことはわからないのですが…ハードディスク本体の側面に黒い点(わかりますでしょうか↓)があるものはガラス製でした。参考までに。
How to dismantle hdd 12

ガラスではなく、金属でできているものもあります。
そゆのは、グニャグニャっと何回か曲げてしまえばOK。
ちょっとわかりづらいですが、曲げてます↓
How to dismantle hdd 13

破壊の際はくれぐれも気をつけてください。

なおこういった破壊ではなく、ハードディスクの表面に傷を付けるという手もあります。
釘でひっかくとか、コンクリートに擦り付けるとかでもいいと思います。

捨て方は各自治体の方針に従って

壊した後、実際の捨て方は、それぞれの自治体でのやり方に従ってください。
不法に捨ててはダメですよ。

まとめ

  • 分解にはトルクスドライバー必要!
  • 破壊する時は気をつけて!
  • 合法に捨てましょう!

安心してハードディスクが捨てられますように。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly