Tweet Old Post の新バージョンを文字化けしないように日本語対応する!

thikasa

Category: ブログ / Tag: , ,

Tweet old post 6 for jp

WordPress 過去記事自動ツイートプラグイン、Tweet Old Post。
バージョンアップで仕様や動作が変わり、これまでの日本語対応を変更する必要があります。

その方法を紹介します。

なお、今回対象にしているのは、バージョン 6.6 です。

– 2014/05/17 追記 –
バージョン 6.7.4 を確認。
ちょっとコード変わってますが、同じ対応でOKです。


Tweet Old Post バージョンアップでいろいろと変更アリ

私はずっと 4.0 を使っていたのですが、今日気づいたら 6.6 になってました。
どんだけ放置してたんだ…

で、バージョンアップしたのですが、ちょこっと仕様やら動作が変わっています。
変更履歴を見るとどうやらコードも作りなおしたように書いてあって…日本語対応してくれたかなと思って見てみたのですが…日本語対応はされてませんでした(涙

日本語が文字化けしてしまうことがある

こんな感じで、
Tweet old post 6 for jp 01 1

文字化けしてしまうことがあります。
Tweet old post 6 for jp 02 1

なので、プラグインのソースコードを、少し修正します。

プラグインのソースコードの変更箇所

WordPress の管理メニューから、「プラグイン」→「プラグイン編集」で Tweet Old Post を選択し、
「tweet-old-post/inc/core.php」を選択。
Tweet old post 6 for jp 05

この後、2箇所修正します。

修正箇所その1

ブラウザの検索機能で、「$additionalTextLength = strlen」を検索します。
Tweet old post 6 for jp 03 1

ここの、「strlen」を「mb_strlen」に変更します。
Tweet old post 6 for jp 03 2

修正箇所その2

ブラウザの検索機能で、「substr」を検索。
Tweet old post 6 for jp 04 1

これを、

  • substr → mb_substr に変更する
  • 引数として “utf-8” を追加する

とします。

Tweet old post 6 for jp 04 2

修正の結果

先ほどの文字化けしてたツイートが直りました。

Tweet old post 6 for jp 01 2

Tweet old post 6 for jp 02 2

ちょと応急処置敵だけでとりあえずこれで

コードを眺めているとちょっと気になるところが他にもあるのですが、ひとまずこれで正しく動いてくれるんではないかと思います。

私もこれで様子を見て、また何かあれば対応するつもりです。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly