iPhone/iPad/Android/Win/Macどれでも無料でお手軽コンテンツフィルタリング「ノートンコネクトセーフ」

thikasa

Category: iPhone / Tag:

Norton connect safe

子どもに iPhone や iPad を持たせて Web ブラウジングする時に、心配なのはそのコンテンツ。
見せたくないコンテンツがありますよね。

そういったコンテンツを見せないようブロックするための仕組みをコンテンツフィルタリングと言います。
そのために、専用のアプリを使ったり、プロバイダのサービス(たいてい有料)を使ったりすることになるのですが、お手軽に利用できるサービスがあります。

ノートンコネクトセーフ

Norton ConnectSafe

ノートンコネクトセーフは、コンテンツフィルタリングをしてくれる無料の DNS サービスです。

Win/Mac 用には専用のソフトが用意されていますが、DNS の IP アドレスが公開されているので、DNS の設定をすれば、iPhone/iPad/Android/Win/Mac どのデバイスでも利用することがきます。

ノートンコネクトセーフの DNS アドレス

そのポリシーによって、3種類あります。

  • Policy 1: Security
    • 199.85.126.10
    • 199.85.127.10
  • Policy 2: Security + Pornography
    • 199.85.126.20
    • 199.85.127.20
  • Policy 3: Security + Pornography + Other
    • 199.85.126.30
    • 199.85.127.30

下に行くほど厳しくなるので、子ども用のコンテンツフィルタリングなら Policy 3 がいいでしょう。

iPhone での DNS 設定方法

iPhone/iPad でノートンコネクトセーフを利用するなら、DNS の設定をします。

その方法は次のとおり。

設定 → WiFi で、利用している WiFi の右にある「i」を選択します。
Norton connect safe 01

DNS の項目に、先↑に書いた IP アドレスを入力します。2つの IP アドレスの区切りは「,」です。
Norton connect safe 02
(なお、入力する IP アドレスはひとつだけでも OK です)

以上です。

Android/Windows/Mac でも DNS の設定をすれば OK

設定方法は省略。ごめんなさい。

ネットワーク設定や TCP/IP の設定でできます。

WiFi ルーターで設定するのもいいですね。

こんな感じにフィルタリングされる

フィルタリングされるとこんな感じに↓

Norton connect safe 03

とてもお手軽で便利!でも過信は禁物

とてもお手軽に使えて便利なのですが、ブロックの精度は 100% ではないので過信は禁物です。

もともとアメリカ発のサービスということもあり、日本のサイトに対しては緩めな感じ。
(正式には日本語はサポートしてないようです。ただ日本のサイトもブロックしてくれますし、ブロック表示も日本語になっているので、日本語は対応中ということなのかも。)

とはいえ、何もしないより遥かに有用なので、まずは使ってみるのがおすすめです。
その上で、もっと厳しいものが望ましい場合には、専用のアプリやソフトの導入を検討するといいでしょう。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly