iPhone の「通知」のそれぞれの設定を適切にして使いやすくする

thikasa

Category: iPhone / Tag: , ,

Notification setting

先日書いたこちらの記事↓

iPhone の「通知」の設定はには種類があって、それぞれ個別に設定できて動作する、といったものでした。

↑この記事を書くまで、通知の設定は「通知センターの ON/OFF」だけだと思っていたのですが、その他の通知の設定もそれぞれにできるのであれば、それぞれを適切に設定することで、より使いやすくなると思い、各アプリの通知の設定を見なおしてみました。

通知の設定のポリシー

通知の設定は、デフォルトでは、

  • 通知センター:オン
  • 通知のスタイル:バナー
  • ロック中の画面に表示:オン

になってます。

通知の設定を見直すにあたって、これを、全体的にこんな感じで設定する、というポリシーを考えてみました。

  • 通知センター:大事なもの+アプリ起動するものをオン
  • 通知のスタイル:バナー
  • ロック中の画面に表示:オン

通知センターの ON/OFF が変わります。
基本的にはオフに。
いたずらに通知センターに表示しても消すのが面倒なので。(←これ結構大事)

ちなみに「大事なもの」のアプリは、電話、メッセージ、リマインダー、です。

スタイルとロック中は基本的にはデフォルトと同じ。

また、アプリ個別でそれぞれ細かく設定してみます。

カレンダー

標準アプリのカレンダー。
通知センターはオフにできないようです。

通知センターに表示されるのはOKなので、あとは通知のスタイルとロック中の画面に表示ですが、これは両方ともオフに。
カレンダーには、大きめの予定が入っているので、細かく通知される必要は無いと考えてのことです。
(だいたいにおいて、カレンダーの予定の時間より前に既に行動は開始してます。)
Notification setting 01

Tweetbot

各種 Twitter の通知を表示するために使っている Tweetbot。
通知センターをオフに。
あとアイコンバッジも要らないのでオフに。
Notification setting 02

Due

超絶プッシュのリマインダー、Due。
これも通知センターはオフに。
あとはオン。
Notification setting 03

使いつつもうちょっと試行錯誤

各アプリでもうちょっといろいろありますが、大雑把にはこんな感じです。

私の場合、通知センターの使い方が、

  • 大事なものの表示
  • 決められたアプリの起動

といったものなので、こんな感じになりました。

純粋な「通知」は、

  • バナーで通知
  • ロック中の画面にも表示

する、といった感じです。

とはいえ、今後使いつつ、もうちょっと試行錯誤してみようと思います。

うまく通知の設定ができるといい

いずれにしろ、せっかく個別に設定できる「通知」。

うまく設定して使いやすくできるといいなと思うです。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly