ブログの RSS 登録ボタンを Feedly のものに変更! ちょっとつまずいたので注意

thikasa

Category: ブログ / Tag:

Feedly button

Google Reader が終わってしまったので、これまで「RSS 登録お願いします!」を各記事の最後に設置してありましたが、それも変更しないとです。
(そのままでは iGoogle に登録するようになってしまいました。)

親切にも、Feedly は公式に RSS 登録を設置するためのコードを生成してくれるサービスを用意しているので、早速使ってみました。

そうしたら、若干注意しないとなことがあったので、お知らせします。
かなり細かいことですが。

Feedly ボタン貼り付け用コード生成サービス

こういうのを公式でしっかりサポートしているのはさすが。

使い方も簡単。

Step 1 でボタンの画像を選び、
Step 2 でフィードの URL を入力し、
Step 3 で(既にコードが生成されているので)コードをコピーしてあとはブログ用のコードに貼り付ける。

実にわかりやすい。

コード生成でちょっとだけ注意を

んで、まぁこれはかなり細かい話ですが、私ちょっとこれでつまずいたので、注意をば。

一度コードを生成した後にボタン画像を変更する時には、フィードを入力するテキストボックスでカーソルを動かす。

何言ってるかよくわかんないと思いますので、ちょと説明します。

まず問題として、一度コードを生成した後にボタン画像を変更しようとしてボタンを選択しなおしても、それだけだとコードが変更されないのです。

どうも URL を入力するテキストボックスでカーソルの移動があるとコードが生成される模様。
なので「カーソルを動かす」なんていうことをする必要があります。
不親切な仕様なので、修正される可能性も大いにあります。

iPhone での RSS 登録ボタンの動作はこれでいいのか

設置した Feedly への RSS 登録ボタンですが、Feedly Cloud へフィードを登録するためのもののようです。

PC でやると問題なく登録できるのですが、iPhone でこのボタンを押すと、「iOS 用の Feedly アプリをインストールしてね」的なページにリダイレクトされちゃいます。

ちょ…これ…RSS 登録できてないよ!

URL スキーマで iOS アプリに登録できるようになっていれば感動的ですらありますが、これはちょっといただけない…せめて iPhone でも Feedly Cloud のページを開くようにしてほしいです。

まとめ、ていいのか。

そんなわけで、

  • Feedly 登録ボタンのコード生成にはちょっと注意
  • iPhone での動作はこれでいいのんか

でした。

しかし、というか。
Google Reader が終わり、ほぼ一択だった RSS リーダーも、いろいろな選択ができるようになりまして。
今回は Feedly への登録ボタンでしたが、いろいろな RSS リーダーへの登録ボタンも必要になってくるのか? はたまたいろいろな RSS リーダーぞれぞれに対応してくれるスーパーな RSS 登録サービスみたいなものが出てきたりするのか?
というか RSS 登録ボタン要るのん?
みたいないろいろな思惑というか疑惑というか湧いてきたりします。

RSS 界隈はこれからも楽しみ。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly