【パズドラ】伝説龍ラッシュ!(地獄級)五右衛門パーティで楽々ノーコンクリア

thikasa

Category: パズドラ / Tag: ,

Legend dragon rush

伝説龍が一堂に会する貴重なダンジョン、「伝説龍ラッシュ!」。

その中でも究極進化型が登場する、地獄級。

もちろん難しいダンジョンですが、五右衛門パーティであっさり楽にクリアできるので紹介します。

ただし、条件が、あります。


伝説龍ラッシュ! 地獄級

敵の情報は、こちらが詳しいです。

五右衛門パーティでのクリア条件

五右衛門パーティであればなんでもいいかというと、そんなことはなく、条件があります。

  • パーティの HP が 17718〜22145 であること
  • 1F に蒼炎龍・ムスプルヘイムが出たら NG

あと、メンバー的には、

  • ドロップ変換持ちが2体
  • エキドナ

がいると楽です。
(ドロップ変換1体、エキドナ2体、でもいいかも)

パーティの HP が 17718〜22145 であること

五右衛門パーティは常にそうであるように、1F で全てが決まります。

1F の敵は、究極炎龍・ムスプルヘイム。
一撃で 17717 のダメージです。
なので、パーティの HP はこれ以上でなくては GAME OVER になってしまいます。
HP が 17718 以上必要なのはこのため。

また、HP 多ければいいかというとそんなことはなく、17717 のダメージをくらったときに、HP が 20% 以下になっていなくてはなりません。
そのための最大の HP が 22145 です。

なのでパーティを組む際、HP の調節が必要になります。
わざとレベルの低いメンバーを入れたり、フレンドを HP で選択したり、調整しましょう。
エキドナじゃなくてナーガにしたりするのもいいと思います。

1F に蒼炎龍・ムスプルヘイムが出たら NG

まれに登場する、蒼炎龍・ムスプルヘイム。
いわゆる青いムスプルヘイムです。

こいつはダメージが 13320 で、パーティの HP 調整ができないんですね…。

なので運悪く蒼炎龍・ムスプルヘイムが登場したら、諦めましょう。

伝説龍ラッシュ! 各階の進め方

今回のパーティはこんな感じで。

Legend dragon rush 01

ギガンテスもホムラもスキルマックスではありません。
エキドナももちろんスキルマックスではなく、これは HP 調整のためわざとレベル低いのを入れてあります。

軒並み育っていない五右衛門パーティですが、こんなパーティでも楽にクリアできます。

各階の進め方はこんな感じで↓

1F 究極炎龍・ムスプルヘイム

まず、適当にドロップを消してターンを進め、一度攻撃をくらいます。
これで HP 調整が完了。

その後は普通に倒します。

なお、攻撃をくらった後、3ターン内に倒しきれなくても、HP 25% 以下まで削ることができれば、次のターンは攻撃力アップのスキルを使ってくるので、慌てなくても大丈夫です。
(その方がスキルためられていいかも)

2F 究極氷龍・ニブルヘイム

攻撃ターンは 5。
さらに、最初のターンは「大きく口をひらいた」としてくるだけなので、絶好のスキル貯めどころです。
攻撃しつつ、ターンをめいいっぱい使って倒しましょう。

3F 究極島龍・ユグドラシル

防御力が 28 万とかなり高いですが、火の3コンボで貫通できます。

ドロップ変換で一気に。

4F 究極機龍・ヴァルハラ

毎ターン攻撃してきます。
なので攻撃くらってはイカンです。

ここでもドロップ変換を使って一気に倒します。

最初のターンは状態異常無効のスキルを使ってくるので、2 ターンで倒せれば OK。
HP 少なめなので、結構いけます。

5F 究極邪龍・ヘルヘイム

ここで威嚇を使います。

その後は、普通に攻撃していればターン内に倒せます。
必要に応じてドロップ変換を。

Legend dragon rush 02

クリアです(・∀・)

Legend dragon rush 03

なかなかの経験値ですね。

地獄級だからこそ使える方法

今回のこの方法、超級でも使えるかどうかは…ちょっとわかりません。

というのは、超級だと、例えば「大きく口をあけた」のような、こちらとしてはターン数が増えるだけで逆に嬉しいような状況が起こらないからです。

ただその分、敵の HP は少ないので、倒しきれるかもしれませんが…これはまた後でやってみようかな。

でも、地獄級が安定して倒せるなら、きっとそっちのほうがいいですよね。

うまくパーティメンバーが組める方には、おすすめの方法です。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly