Google 2段階認証プロセスを導入したら Google カレンダーは固有のパスワードが必要!

thikasa

Category: iPhone / Tag:

日々の予定は、いつも iPhone のカレンダーアプリに入力しています。

そして Google カレンダーと同期をしています。
iPhone からだけでなく、PC からも予定の入力・編集ができるのはとても便利。

ここしばらくは iPhone からだけ予定の入力をしていたのですが、先日、入力する予定が複数あり PC の前に居たこともあって PC で入力しようと、Web ブラウザで Google カレンダーを開いたのですが…

iPhone で入力した予定が Google カレンダーに反映されていません…。

あれ? と思って調べてみました。

Google カレンダーは固有のパスワードが必要

ということで、この記事のタイトルで全部完結しちゃってるんですが、はい、そういうことです。

Google Reader と同様に、Google カレンダーも固有のパスワードが必要です。

Gmail とかだと認証コードでよかったりしますよね。
なんだか認証コードだったり固有パスワードだったりで混乱しちゃいますね。

おまけに iPhone のカレンダー設定で普通のパスワードを入力しても、エラーとか表示されないんですよね。
うんともすんとも言わないだけ。

2段階認証プロセスを導入しても、カレンダーの設定は以前のまま、なんて方いらっしゃるんじゃないでしょうか。
私だけ?

固有のパスワード生成はこちらから

「アクセスを管理する」を選択。

「新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する」で名前(「Googleカレンダー」など)を入力して、「パスワードの生成」を選択。

ここで生成したパスワードを、

iPhone 設定アプリでの「メール/連絡先/カレンダー」で

使用しているアカウントの

パスワード欄に入力すればOK。
(アカウント削除したりしなくて大丈夫でした)

Google カレンダーも忘れずに!

2段階認証プロセスを導入して。
Gmail を再設定して、Google Reader を再設定して。
それですっかり安心していました。

Google カレンダーもお忘れなく!

↓どちらも愛用中!
良いカレンダーアプリです!

Week Calendar
Week Calendar 5.1.5 (¥170)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Store でダウンロード

Staccal - 11種類レイアウトの高機能カレンダー
Staccal – 11種類レイアウトの高機能カレンダー 2.0.0 (¥250)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
App Store でダウンロード

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly