あのなめこが文学に!「なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学」が素晴らしく面白い

thikasa

Category: 読書 / Tag:

Wp and st 400

一時期我が家で大流行していた「なめこ」。

おさわり探偵 なめこ栽培キットSeasons:ヨーロッパの冬
おさわり探偵 なめこ栽培キットSeasons:ヨーロッパの冬 1.5.0 (無料)
カテゴリ: ゲーム, ファミリー, アドベンチャー
App Store でダウンロード

今でもグッズ等販売されて人気あります。

そんな中、娘が見つけたのがこの「なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学」。

娘が欲しがったので買ってみたら、これがとてもよくできてて素晴らしいのです。


なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学」

名作文学をコミック化して、さらに登場人物をすべて「なめこ」にするという、極めてチャレンジャブル(?)なものです。

実際読んでみると、よくぞここまでまとめたなぁと激しく関心しました。

上記サイトで試し読みできますのでぜひ。

とても面白い!

どのお話も、ストーリーの見せ方となめこな登場人物がとても面白かったです。

短い紙面にぎゅぎゅっとまとめられたストーリー。
これがとてもわかりやすい。

そして登場人物が全員、各種なめこなんです!
だからみんな「んふんふ」しか言わない!w
そのキャスティングがナイスすぎます。

「坊ちゃん」とか「斜陽」とかハマりすぎ。
ちょっと笑いましたw

でもそこは名作文学。
ストーリーは珠玉ですから、各話どれもいつの間にかお話に引き込まれてしまいます。

老若男女におすすめ

コミック化されていますし、表現もソフトですし、お子様にもおすすめです。
ウチの娘も喜んで読んでいました。

各話末には1ページでそのお話と作者について簡単な解説が書かれていて、これもいいなと思います。
ここからオリジナルの作品へのリードになりますね。

コミック化、なめこ、ということで面白要素的なことはもちろんあるんですがむしろそれはプラスに働いて、この本をより良くしています。

「①」ということで次もあるんですよね。楽しみ。
(② は 3/23 発売だそうです)

すべての方におすすめしたい本です。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly