iPhone 超定番カメラアプリ「OneCam」をやっぱりおすすめしたい3つの理由

thikasa

Category: iPhone / Tag: ,

Medium 5872950058
photo credit: Khánh Hmoong via photopin cc

超定番シリーズ第二弾(?)

iPhone とカメラアプリは切っても切れない関係と思いますが、私が毎日使っているカメラアプリはこちら。
OneCam です。

OneCam(静音, 連写, ジオタグ)
OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 4.0.5 (¥170)
カテゴリ: 写真/ビデオ
App Store で見る

超定番なので紹介するのも激しく今更感があるのですが…でもやっぱりおすすめしたいアプリなのでご紹介。


OneCam といえば…

アプリ名にもあるように、やっぱり静音ですよね。
通常、「カシャ!」と結構大きな音が出るシャッターですが、OneCam はこのシャッター音がありません。
(これは動画モードで撮影しているためです)

あと最近のアップデートで、スワイプのアクションで各種 SNS へポストできたり、高機能化もめざましいです。

うん。確かにそれは OneCam のウリですし、私も便利に使わせてもらっている点です。

でも、私がおすすめしたい理由は、もっと違うところにあります。

撮影サイズを指定できる

OneCam 02

iPhone 標準のカメラアプリの撮影サイズは、実に 3264 x 2448 ピクセル。

超デカいです。

最新の iMac 27 インチディスプレイ(2560 x 1440)をもってしてもフルで映せないわけです。
ちょっと時代を先取りしすぎじゃ…。

ファイルの容量としては 2〜3 MB くらになります。デカい…。

この四分の一くらいのサイズでも充分だと思うんですよね…。
せめて撮影サイズが選択できればなと思うんですけど、なぜか搭載されずにいます。

そこで、OneCame です。
↑のように、撮影サイズを選択できます。

私が日常的に撮影するスナップは 640×480 で充分なので、この設定はピッタリ。
これがあるので、OneCam 手放せません。

写真に撮影日を入れられる

OneCam 04

写真に日付、入れたいんです。
その写真をパッと見て、いつ撮ったのかがすぐわかるようにしたいんです。

これも標準カメラアプリだとできないですね…海の向こうではそういう要求無いんでしょか…。

OneCam なら、できます。
色も、日本人的に日付はこの色だよね、っていうオレンジと、その他に白と黒から選べます。
OneCam 手放せません。

視野率 100%

視野率 100% って?

画面で見たままを撮影できるということです。

ん? そんなの当たり前じゃないの? と思っていませんか?
でも実は iPhone 標準カメラアプリだと、見た目よりちょこっと広く撮影されちゃうのです。

これに関しては、リブラブさん(@livlove007)のこちらの記事に詳しく書かれています。

OneCam の作者である AppleWalker さんも、この点を解説してくれています。

【視野率100%】iPhone5に対応した場合、以前よりカメラ画面が大きい場合は画面左右の外側の見えない部分まで撮れてしまって見たままに撮れません。

 OneCamはカメラ画面の大きさ(4:3)を変更しないことによって、みたままに撮影することができます。しっかりとした構図を決めて楽しみましょう!

via AppleWalker

やっぱり見たままをちゃんと撮りたいです。
OneCam はそれに応えてくれます。

OneCam オススメ

以上3点が、私が OneCam をオススメする理由です。
手軽に、撮影日入れて、見たままを撮る!

ぜひ使ってみてください。

OneCam(静音, 連写, ジオタグ)
OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 4.0.5 (¥170)
カテゴリ: 写真/ビデオ
App Store で見る

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly