Kindle Paperwhite 到着! 開封とファーストインプレッション

thikasa

Category: Kindle / Tag:

KindleArrival00

昨日書きましたとおり、Kindle Paperwhite が到着しました!

ザザッと開封、ザザッとファーストインプレッションしてみます。

Kindle Paperwhite 到着! 開封!

我が家にやってきました Kindel Paperwhite。
私はケースと保護フィルムも一緒に注文したので、それらと共に。
KindleArrival 01

Kindle が入っている箱は黒いマットな感じ。
KindleArrival 02

パカっ。開けました。
上に説明書(と言っても電源の繋ぎ方が書いてあるのみ)、下に Kindle 本体です。
KindleArrival 03

本体を取り出すと、USB ケーブルがあります。
KindleArrival 04

ビニール取りました。
↑の写真からずっとそうですが、画面に何か表示されています。
そう、これ、印刷された紙が置いてあるわけではなく、実際に表示しているんですね。
実際に表示させたまま、梱包、出荷。
スマホとかでは考えられない、超消費電力の E-Ink ならではです。
KindleArrival 05

片手で持ちました。
私の手は小さいですが、イイ感じで持てます。
KindleArrival 06

iPhone5 と大きさ比べ。
KindleArrival 07

iPhone5 と薄さ比べ。
同じくらいの薄さです。
KindleArrival 08

うーんワクワクする!

この後は、セットアップをすることになります。
画面に従って進めていけばいいだけなので簡単。

うしぎゅさんのこちらの記事が参考になります。

これはイイ!Kindle Paperwhiteの外観&セットアップ(初期設定)写真レビュー

遂に Kindle の使い始めです!
KindleFirst

ファーストインプレッション

ホントまだ使い始めたばかりなんですが、ザッと感じたことを。

画面が見やすい!

よく言われることですが、画面がとても見やすいです。
E-Ink という性質上と、グレアなディスプレイとが手伝って、目への負担はほとんど無いように思えます。

字を追いかけていく読書ですから、長時間見ていても疲れないのはとても嬉しいです。

フォントが見やすい

明朝とゴシックが切り替えられますが、どちらの字体もとても見やすいです。

フォントの形状、って言っていいんでしょうか、いわゆる字体は、字を読むにあたってとても大きな要素です。
見にくい、読みづらいフォントでは、読むことがストレスになってしまいますから。

アメリカ発のデバイスで日本語のことをどこまで考えてくれているかな…というのがありましたが、縦書きも横書きもとても見やすく読みやすいです。

E-Ink の表示切り替え速度はあまり気にならない

私が一番懸念してたのはこれでした。
液晶と違って、E-Ink は表示の切り替えに時間がかかります。
表示の切り替えがあまりにもたつくようだと、読書するにあたりとてもストレスになります。

Kindle も E-Ink ですのでその点とても心配していたのですが…
大丈夫でした!

確かに表示切り替えには時間がかかりますが、思っていたほどではなかったです。許容範囲。
書き換えに一番負担がかかるであろう漫画も、問題ないと感じました。

無性に本が読みたくなってきた

Kindle Paperwhite。
実物を手にしていないのに購入してよかったのかな…と思わなかったこともないですが、杞憂でした。

とてもワクワクします。
とても本が読みたい気分です。

今後の読書はこれで済ませたいですね。
新作が早く Kindle で読めるよう、いろいろと整備されていくといいなと思いました。

みなさんも Kindle でこれからの読書体験を!

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly