ソソる機能にソソるストア 最高の読書体験には Kindle Paperwhite がイイんじゃないか

thikasa

Category: 読書 / Tag:

読書大好き。@thikasa です。

突然登場した日本語版 Kindle。

Kindle Paperwhite – ライト内蔵の電子書籍リーダー

ヤバい。
欲しい。

そしてオープンしたてで結構充実している Kindle ストア。

Amazon.co.jp: Kindle本: Kindleストア

 

ヤバい。
読みたい。

これは…もう…いっちゃうか…。

 


ソソる機能

  • スクリーン全体を照らす独自技術の内蔵ライトで、どんな場所でも最高の読書体験を
  • 212 ppi (1インチあたりのピクセル数)という電子書籍リーダーで最高クラスの画素数で、これまでにないきめ細やかな表示を実現
  • 高コントラストによる、際立つテキスト
  • 太陽の下でも日差しが反射せず、テキストと画像がくっきりと見やすいディスプレイ
  • 自由に選べる、高解像度のスクリーン用に調整された2種類のフォントと8種類の文字サイズ
  • ライトをつけても8週間使える超長寿命バッテリー
  • 1000冊以上を手の中に – お気に入りの本をいつでも持ち運べます(コミックなど一部を除く)
  • 内蔵のWi-Fi を使って、60秒で素早く本をダウンロード(コミックなど一部を除く)
  • リーディングタイム機能が読書スピードを計算し、本を読み終わるまでにかかる時間をお知らせ
  • 『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』シリーズなどベストセラーをはじめとした豊富な品揃え
  • 本から目を離すことなく、素早く意味を調べられる国語辞書や英和辞書を搭載
  • via Kindle Paperwhite – ライト内蔵の電子書籍リーダー

    この Paperwhite、驚きの 212ppi。
    iPad mini が 163ppi ですから、かなりきめ細かいですね。

    内蔵ライトもイイ感じのようで、快適に読書をするための機能が揃っています。

    読書に適した設計

    バックライトを使用したタブレットのディスプレイと違い、Kindle Paperwhiteのライトは目に直接光を当てるのではなく、E Inkディスプレイ自体を照らします。これにより、目が疲れず、快適に読書を楽しむことができます。

    均等な明るさと白さ

    画面上で明るさが均等に保たれるよう、2年以上Kindle Paperwhiteの開発を続けてきました。この独自の内蔵型ライトはミクロの光学回折格子を使用し、光の進む方向をコントロールしています。均等な明るさとバランスのとれた白さで、読書をお楽しみください。明るさごとのディスプレイ比較

    25段階の明るさ調整

    人の目は周囲の明るさに対応するようになっているため、暗い場所では弱い光を、明るい場所では強い光を使うと読みやすくなります。Kindle Paperwhiteのライトはオフの0から最も明るい24まで、25段階で細かく明るさを調整できます。

    via Kindle Paperwhite – ライト内蔵の電子書籍リーダー

    あとこの

  • リーディングタイム機能が読書スピードを計算し、本を読み終わるまでにかかる時間をお知らせ
  • こういう機能も地味に嬉しいです。

    ソソります!

     

    ちょっと気になるのはこの、

  • 1000冊以上を手の中に – お気に入りの本をいつでも持ち運べます(コミックなど一部を除く)
  • 内蔵のWi-Fi を使って、60秒で素早く本をダウンロード(コミックなど一部を除く)
  • 「(コミックなど一部を除く)」という記述ですが、これはコミックが画像で構成されてて容量が大きいからってことなんでしょうかね。

     

    ソソる Kindle ストア

    豊富な品揃え

    Kindleストアでは『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』シリーズなどをはじめとした最新のベストセラーやコミックなど、数万冊の豊富な品揃えをご用意しています。

    1万冊以上の無料タイトル

    太宰治や芥川龍之介をはじめとした過去の作品を無料でダウンロード。不朽の名作を好きなだけ楽しめます。

    冒頭部分を試し読み

    本の最初の章や冒頭部分を無料でダウンロードして、ご購入前にしっかり内容を確認できます。

    本を低価格で

    多くのKindle本は、通常の本よりもお安くお求めいただけます。

    好きなスタイルでいつでも読書

    購入したコンテンツはお好きな読み方で。Kindle本はKindle上だけでなく、Kindle無料アプリを使ってiPhone、iPadやAndroid端末でも読むことができます。

    via Kindle Paperwhite – ライト内蔵の電子書籍リーダー

    いやぁイイですね。これもまたソソります。

     

    それぞれちょと見てみます。

    豊富な品揃え

    Kindleストアでは『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』シリーズなどをはじめとした最新のベストセラーやコミックなど、数万冊の豊富な品揃えをご用意しています。

    1万冊以上の無料タイトル

    太宰治や芥川龍之介をはじめとした過去の作品を無料でダウンロード。不朽の名作を好きなだけ楽しめます。

    今(2012/10/25)実際に Kindle ストアを見てみますと、

    KindleJapan 01

    実に 145 万冊あることがわかります。

    145 万冊! スゲー!

    と思うのはちょと早くて、

    KindleJapan 02

    洋書が 138 万冊あるんですね。
    なので日本語の書籍は 7 万冊ほど。(正確には 67449 冊)

    なんだよ洋書がほとんどかよ日本語の書籍をカウント公表してくれよという気がしなくもないですが、それでも現時点で 7 万冊。そしてこれはこれからどんどん増加していくでしょう。

    最初にしてはかなり充実してると思います。

     

    冒頭部分を試し読み

    本の最初の章や冒頭部分を無料でダウンロードして、ご購入前にしっかり内容を確認できます。

    イイですね。こういうの嬉しいです。

     

    本を低価格で

    多くのKindle本は、通常の本よりもお安くお求めいただけます。

    ちょっと見てみましたが、安くなり具合は本によっていろいろな感じでした。
    少しでも安くなってくれれば嬉しいので、これはありがたいです。

     

    好きなスタイルでいつでも読書

    購入したコンテンツはお好きな読み方で。Kindle本はKindle上だけでなく、Kindle無料アプリを使ってiPhone、iPadやAndroid端末でも読むことができます。

    マルチデバイス。
    嬉しいです。

     

    ソソります!

     

    Kindle Paperwhite イイねすごくイイね

    iPad は、雑誌を見るには最適だと思いますが、いわゆる「読書」には向きません。
    読書するには重さが重すぎるんです。

    じゃあ iPad mini で…と私は思っていたのですが、まさに iPad mini の登場にぶつけてきたこの Kindle に大きく心傾いています。

    どっちも直接触ったことが無いのにアレですが、ipad mini は、読書端末というより、マルチメディアブラウザーです。鮮やかなカラーを発することのできるデバイスは、写真や動画や様々な Web サイトを見るのに適していますし、高性能な CPU はアプリを動かすのに適しています。

    対して Kindle Paperwhite は、見やすく、軽く、ひとえに快適な読書を体験することができるデバイス。
    目指すユーザーエクスペリエンスが違うので、iPad mini との対比はあまり意味が無いです。

    ちょっと話が逸れてしまいますが、iPad mini の対抗馬ということになれば Kindle Fire(HD) になるのでしょうが、正直 iPad (mini) の牙城を崩せるとは思えません。

    純粋にモノ好きとして iPad mini は欲しいと思いますが、今まで確固とした電子書籍読書体験をしたことのない読書好きの(iPad や iPhone でならありますが)私は、Kindle Paperwhite イイねすごくイイねと思うのです。

    Kinoppy や GALAPAGOS を応援していたのですが…やっぱり Kindle いいなぁ…。

     

    ふぅ。

    どうしようかなぁ…。

    うーん。

    えっ、らいおんさん買ったの?

    そう…。

    ZZzz…。

     

     

    あれっ

    KindleJapan 03

    12月か…

     

    どういうことかちょっとよくわかりませんが(汗、Kindle での読書体験ができたらいいなぁと強く思います。

     

     

    RSS 登録

    もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
    最新情報をお届けします。

    follow us in feedly