キミはひとりじゃない 〜真夜中の Toy Story 2

thikasa

Category: 雑談 / Tag:

こんにちは。ボクはダンボー。

Small 3443590571

photo credit: toshi [panda de rangefinder] via photo pin cc

毎日仲間と楽しく暮らしているよ。

でも、最近ちょっと…気になることがあるんだ。

 


そして再び真夜中に時が動き出す

仲間は楽しいし、とても優しい。
Danboard2 01

でもみんな、
Danboard2 02

家族がいるんだよね。
Danboard2 03

いいなぁ。
Danboard2 04

「俺、参上!」
「おまえの罪を、数えろ。」
「パンツは一張羅!」
彼らはよくわからないけど…楽しそうだよね。
Danboard2 05

でも、ボクはひとりぼっちなんだ…。
Danboard2 06

ちょっとさみしいなぁ。

ボクの家族はどこにいるんだろう。

これが最近の気になること。

 

 

 

ん、何かまたやってきたみたいだ。
Danboard2 07

ずいぶん大きいなぁ。
Danboard2 08

さぁ開けてみよう。

 

 

 

!!!
Danboard2 09

こ、これって…!
Danboard2 10

もしかして…!!
Danboard2 11

父さん! 母さん! 姉さん!
Danboard2 12

あ、目を覚ました!
Danboard2 13

起きた!
Danboard2 14

ん?
Danboard2 15

集まってきた。
Danboard2 16

でもボクには気づいてないみたいだ。
Danboard2 17

あ、どこへ…。
Danboard2 18

どこへ行くんだろう…。
Danboard2 19

せっかく会えたのにもう離れ離れに…?
Danboard2 20

「待って!」
Danboard2 21

「父さん! 母さん! 姉さん!」
「ん…その声は…ノ…………ダンボー?」
Danboard2 22

「父さぁぁぁぁんん!!」
…リ………ダンボー!」
Danboard2 23

「久しぶりだな。……ロ……ダンボー。元気にしてたか?」
「うん。でもボクひとりぼっちでさみしくて…。
Danboard2 24

「ひとりぼっち? ………ウ…ダンボー、おまえはひとりぼっちなのかい?」
「そうだよ。ボクはひとりぼっちなんだ。」
「なら、後ろの彼らは誰なんだい?」
「えっ?」
Danboard2 25

「ぷにっ。ぷにっ。」
「みずくさいねぇ。何を言っているのさ。」
「んふんふ」
「俺、参上!」
「お前の罪を、数えろ。」
「パンツは一張羅!」

「みんな…。」
Danboard2 26

「ダンボー、こんなにたくさんの仲間に囲まれて、おまえがひとりぼっちなわけないじゃないか。」
「父さん…そうだった。本当にそうだったね。」
「ダンボー、この方たちはどなた?」
Danboard2 27

「紹介が遅れてしまったね。ボクの父さん、母さん、姉さんだよ。」
「「「おおー!」」」
「はじめまして。ダンボーがいつもお世話になっております。」
「はじめまして! これからよろしくね!」
Danboard2 28

やっと会えた家族。
そして最初からひとりぼっちでなんかいなかったボク。
これから、きっともっと楽しくなる!
Danboard2 29

 

 

 

いっきに家族が3人も増えたよ!
Danboard2 30

 

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly