アップデートで AppleScript に対応! WordPress ソースコード成形プラグイン Crayon Syntax Highlighter 1.10

thikasa

Category: ブログ / Tag: , ,

以前こちらで紹介しました WordPress プラグイン。

WordPress でソースコードをキレイに表示するプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」がイイ感じ | thikasa note

 

バージョンアップして AppleScirpt に対応しました!

 


バージョン 1.10

CrayonSH 110 01

Delphi/Pascal も対応したようですね。
ますます心強い!

 

さっそく AppleScirpt テスト

試しに次のコードを表示させてみます。

tell application “TextEdit”
set word_count to count words of document 1
set char_count to count characters of document 1
set show_words to (word_count as string) & ” 語 (” & (char_count as string) & ” 文字です)”
set dialog_title to “TextEdit Word Count”
display dialog show_words with icon 1 with title dialog_title buttons {“Ok”} default button “Ok”
end tell

これが、

こうなると。
うん、これはイイ感じです!

 

かなり盤石

AppleScript にも興味のある私は、いずれこのブログでも紹介できることもあるかなと思っており、今回のバージョンアップはとても嬉しいです。

ますますオススメ!

あと追加されると嬉しいのは、diff(差分検出ツール) かなぁ。あんまり使いそうもないけど、このソースをこう直す、みたいな時に使えそうなので。
これ以前に使っていた、Syntax Highlighter Evolved だとできるんですよね…。

でも、バージョンアップが頻繁なこのプラグインならいずれ対応してくれそう。
これからも楽しみです。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly