娘に教えられた 続けることの大切さ 積み重ねていくことの偉大さ

thikasa

Category: 雑談

最近の娘に起こっている出来事について、いたく感動し教えられたのでエントリー。

 

娘は不器用なタイプ

親の私が言うのもアレだけど、私の娘(現在9歳)は不器用なタイプ。
何か事を成すのに、他の人が 10 やればできるところ、15 とか 20 やらないとできないみたいな、そんな感じ。
苦手な運動に関しては、特にそういう傾向があります。

そんな娘はスイミング教室に通っているのですが、ここ最近、立て続けに進級試験に一発合格しているのです。

 

苦しい時期があった

スイミング教室は、毎月一回、進級試験があります。
これに合格しないと、次の級に進めません。

 

最初はバタ足。
これがなかなかできず、実に1年近くかかりました。

この時期はさすがに娘も落ち込んでいて、もちろん励ましはしますが、見ていて私も辛かった。スイミング教室が心配して電話をかけてきたほどです。

合格した時は本当に(私が)泣きそうでした。いや泣いてたかも。

 

次はクロール。
これもなかなか良い形にならず、半年近くかかりました。

合格した時の娘の笑顔を忘れることはできません。

 

一時期はもうダメかなと思いましたが、それでも娘は諦めずにコツコツと続けてきました。
そうコツコツと。

秘策や奇策があったわけではありません。
ただひたすらに実直に、コツコツと続けてきたのです。

 

一気に花開いた

進級試験は、もちろんその内容にもよりますが、2, 3 回受けて合格するのが通常です。

それをここ最近、連続して一発合格しました。

先日の試験では、「クロールの形がとても綺麗だ」と言われたそうです。
あのなかなか形にならなかったクロールで。

 

とても感動しました。

今まで地道にやってきたことが、ここにきて一気に花開いた。
そう思いました。

そして思ったんです。

 

続けること 積み重ねていくこと

諦めずに続けること、そしてひとつひとつ積み重ねていくこと。
これは本当に大切なことだと。

「継続は力なり」という言葉がありますが、本当にそのとおりだなと思いました。
昔から言われていて、わかっていたつもりだったのですが、あらためて娘に教えられました。

 

この先つまづくことはもちろんあるでしょう。
思うように進めないこともきっとあるでしょう。

それは娘にしてもそうですし、私にしてもそうです。

でもそれも乗り越えられると信じて、諦めずに行動し続けようと思いました。

娘よありがとう。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly