BackWPup でファイルの保存先を Dropbox にした時の設定方法

thikasa

Category: ブログ / Tag: ,

愛用中の WordPress バックアッププラグイン、BackWPup。

バックアップ先に Dropbox を指定できるのが特徴であり大きな特長です。
それだけで分散バックアップができてしまうのですから。 

今回はその設定と確認方法についてご紹介。

以下各ステップについて説明します。

 

1. BackWPup の Dropbox 設定セクション

BackWPup の Job New 設定画面へ。

下の方へスクロールすると、Dropbox の設定セクションがあります。

BackWPupDropbox01

Login: の右側が Not authenticated! になっています。

このままだと Dropbox には保存されませんので、認証作業が必要になります。

といっても難しいことはありません。↑ の画面の Authenticate! をクリックします。

 

2. Dropbox サイトでの認証許可

そうすると Dropbox のサイトへ移り、認証許可の画面になりますので、「許可」をクリックします。

BackWPupDropbox02

 

Dropbox にログインしていない場合は、まず Dropbox にログインしてから↑の画面に。

 

3. 再び BackWPup の Dropbox 認証セクション

BackWPup の画面に戻ってきます。

認証が完了した旨が表示されています。

BackWPupDropbox03

 

Dropbox のセクションへ。

こちらも認証されていることがわかります。

BackWPupDropbox04

 

なお、その他の設定項目について。

BackWPupDropbox05

  • Root: このままで
  • Folder: バックアップファイルを保存したいフォルダ
  • Max. backup files in Dropbox folder: バックアップファイル作成数

バックアップファイル数は、上にも書きましたが、0 なら無制限。1以上でその数だけファイルを作成し、古いファイルから消されていきます。

 

4. 動作の確認

BackWPup の Job 設定画面へ。

作成したジョブ(バックアップ実行単位)のところへマウスカーソルを持って行くとメニューが表示されるので、「Run Now」をクリック。

BackWPupDropbox06

 

ジョブが実行されます。

BackWPupDropbox07

 

ERROR がなければ OK です。

 

以上です

Dropbox へのファイル保存は本当に便利。

BackWPup、改めてオススメです。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly