WordPress のバックアップには BackWPup を最高にお勧めする3つの理由

thikasa

Category: ブログ / Tag: ,

WordPress のバックアップをしなきゃ! 方法とかプラグインとかいろいろ調べてみました | thikasa note という記事で BackWPup に出会い、使い始めたのですが、使ってみて改めてこのプラグインはイイ! と思ったのでお薦めポイントを3つ挙げてみたいと思います。

柔軟なバックアップ環境の構築が可能

BackWPupGood01

なんといってもこれ。何をどのようにバックアップ(実行)するのか自由に選択可能です。

BackWPup では、ジョブという実行単位でバックアップを設定しますが、これは複数個作成ができます。

なので、利用の仕方に応じて、データベース、ファイル、最適化それぞれを独立したジョブにすることもできますし、全部まとめて一つのジョブにすることもできます。

それぞれのジョブは独立したスケジューリングができますから、データベースは6時間ごと、ファイルは一日ごと、最適化は一週間ごと、なんていう設定も可能です。

さらに細かく言うと、ファイルの中身も、プラグインだけ、コンテンツだけ、なんていう設定もできます。

バックアップしたい人のバックアップしたいように設定ができる。これは本当に強力です。

分散バックアップが可能

BackWPupGood02

バックアップは、するのはもちろんのこと、バックアップデータは複数に分散しているのが望ましいです。

バックアップ先として自サーバーを指定することが多いと思いますが、それだと自サーバーがおかしくなってしまった場合に困ってしまいます。

メールで送信というのもありますが、容量が増えてきたら制限に引っかかってしまうかもしれません。

BackWPup は、各種オンラインストレージにバックアップを作成することができ、安心できます。

Dropbox にバックアップすれば、ローカルにもバックアップすることになり、さらに安心。

私は Dropbox と SugarSync にバックアップしています。

手動動作も自由に可能

BackWPupGood03

バックアップのジョブは、スケジューリングし定期的に実行するのが常と思いますが、今すぐ実行したい! ということもあるかと思います。

例えばテーマをカスタマイズする時、css ファイルや php ファイルに手を加えるその前に。等。

そんな時、BackWPup なら即時バックアップを実行できます。

便利です。

BackWPup 最高です

と言った訳で、BackWPup お勧めです。

いろいろできちゃうが故に設定が大変と思われるかもしれませんが、よくある基本的なバックアップであれば二つ程設定すれば大丈夫。

WordPress のバックアップをしたい全ての人にお勧めできるプラグインと思います。

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly