ライフログ 私のやり方 ver.1

thikasa

Category: ライフログ / Tag:

前回、やってみてわかった! ライフログの本質 〜『たった一度の人生を記録しなさい』〜で、ライフログいいよいいよと言ったわけですが、じゃあ実際どうやっているか、を列挙してご紹介。

ライフログを始めてちょうど一ヶ月になります。 ご参考になれば。

なお、このやり方ですが、若干実験的なところもありまして、ver.1 です。 今後ちょこちょことやり方を変えてやってみるつもりです。


Evernote + iPhone + FastEver

まずはライフログの環境ですが、この3つ。 なんの奇もてらっていませんで王道ですが、実際使いやすいです。

FastEver は、「1行目を本文に含む」というオプションがありこれがお気に入り。 

FastEver や Tap2Ever のような、Evernote にすぐ記録できる系のアプリは、ノートの作成画面の1行目がタイトルになり、2行目からが本文になる、というのが基本的な動作なのですが、FastEver ではそのタイトルになる1行目も本文に入れられます。

細かいことなのですが、後述するノートの書き方にも関係し、これがとてもしっくりきます。

 

記録したいことはノートのタイトルに(基本的に)書く

Evernote のノートは、タイトルと本文という構成になっていますが、記録したいことは基本的にノートのタイトルに全部書いてしまいます。

これには理由がありまして、

  • タイトルを考えるのが面倒
  • タイトルを考える時間がもったいない
  • 見返す時ノートの一覧でタイトルを見れば事足りる

からです。 つまりは、作成する時も、見返す時も、いかに簡単に済ませるか? という観点になります。

「基本的に」と書いたのは、内容的にタイトルだけ(=1行)では足りないようなこともあるため。もちろんそういう時もあります。内容的にちょっと長くなってしまったり、箇条書きだったり。

 

タグは使わない

面倒なのでタグは使いません。

そのノートをカテゴライズしたい時はあるのですが、それはまた別の方法(後述)でやります。

(とはいえ、「たった一度の人生を記録しなさい」にも書かれているタグの効用も理解しています。今後はちょっとやってみようと思っています。)

 

ノートのタイトル先頭の数文字でカテゴライズ

私の現状のライフログの種類としては、次のものがあります。

  • アイディア
  • 思ったこと感じたこと
  • 行動記録
  • ToDo
  • 忘備録
  • 後で確認したい iPhone アプリ
  • 子どもの行動記録

このうち、アイディア/思ったこと感じたこと/行動記録、については、普通に書きます。

それ以外のものは、タイトルの先頭にそれとわかるようキーワードを書きます。 例えば、実際に記録したものを引っ張ってきますと、

「ToDo 仮面ライダー録画予約」

「試す iPhone Yamore」

「(娘の名前) 写真を撮るのに夢中」

こんな感じです。 これは、タグを付けるのが面倒ということもありますが、見返す時に一覧表示ですぐにそのカテゴライズがわかる、というメリットもあります。 なお、「ToDo」はこのままだと入力が面倒なので、「と」で辞書登録してあります。

 

急いでいるときはキーワードだけ書く

記録したいことがあればその場ですぐに、が基本ですが、急いでいたりちょっと時間の無い時に記録しないといけないことも多々あります。 そんな時は、その事を特徴づけるキーワードだけを書き記します。

例えば、これも実際に私が書いたものですが、

「(娘の名前) こども新聞 言いづらそう おばあちゃん 気遣う」

これは、「娘がこども新聞について言いづらそうにしている。娘だけがおばあちゃんから貰ったので弟に気遣っている。」ということを表しています。

他の人が見たらわけわかりませんが、当事者である自分はある程度のキーワードがあればすぐに思い出せます。

なお、こうやって記録したものは、後で時間のある時にきちんと内容を書いておきます。

 

inbox に入れ、見返し、lifelog に入れる

記録したライフログは、まず inbox というノートブックに入れます。

これを見返した後、lifelog というノートブックに移動します。

よくあるやり方ですが、やっぱりこれが良いです。 こうすることで必ず見返せます。

見返すの重要です!

 

ライフログあらためてオススメ

以上、現在の私のライフログのやり方を挙げてみました。

やってみてわかった! ライフログの本質 〜『たった一度の人生を記録しなさい』〜にも書きましたが、いろいろなことを言葉にして残して振り返っていくのは想像以上に良い感じです。 あらためてオススメです。

 

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly