やってみてわかった! ライフログの本質 〜『たった一度の人生を記録しなさい』〜

thikasa

Category: ライフログ, 読書 / Tag: ,

たった一度の人生を記録しなさい  自分を整理・再発見するライフログ入門 たった一度の人生を記録しなさい 自分を整理・再発見するライフログ入門
五藤隆介

ダイヤモンド社 2011-09-30
売り上げランキング : 1547

Amazonで詳しく見る by G-Tools


『たった一度の人生を記録しなさい』

Evernote とライフログの御大と言える @goryugo さん著のこの本。 私の理解度の低さを物語るようで恥ずかしいのてすが、4回読みました。

1回目。 読み終わって、わかったようなわからなかったような、モヤっとした感じがしたのでもう一度読むことに。

2回目。 なんかちょっとわかった気がしました。 それじゃ実際にやってみようと思いライフログを取ることを始めました。

3回目。 ライフログを取るのを始めてちょっとした(3日後くらい)後にもう一度読んでなるほどと改めて納得。

4回目。 ライフログを取るのを初めてしばらくした(2週間後くらい)後にさらにもう一度読んでさらに納得。

で、ライフログどうなの?

すごくイイです。

 

ライフログの本質

ライフログ。 その言葉は以前から知っていました。

もちろんちゃんと理解していたわけではなく、「とにかく記録すればいいんだよね」くらいのもの。 実際、食事の写真を撮ることはやっていました。

でもこの本を読んで、実際に始めてみて、それはちょっと違うことに気づきます。

記録することは重要な第一歩ではあるんですが、そこだけで終わっていました。 そう、記録することが完全に目的になっていたのです。

記録するのは目的ではなく、その記録から、より良い自分になること、より良い人生を送ることが目的なのです。

本書にも繰り返し記されています。

ライフログは自分の成長の原動力なのです。

したこと

起きたこと

思ったこと

考えたこと

したいこと

したくないこと

欲しい物

食べたい物

嬉しかったこと

悲しかったこと

怒ったこと

身につまされたこと

成功したこと

失敗したこと

後悔したこと

とにかく自分の中に入ってきたもの、そこから自分がどう思ったのか、をどんどん記録していきます。 そしてそれらを後から見返して、成長への糧にしていく。

例えば、成功したこと。 それを見返して、また同じようにできるよう心がける。

例えば、失敗してしまったこと。 それを見返して、二の轍を踏踏まないよう身を引き締める。

そうやって自分と自分の人生をスパイラルアップしていく。 それこそがライフログの本質だと思いました。

 

記録することで嫌なことは忘れられる

本書にも欠かれていますが、実際にライフログを始めてみて実感することの1つがこれ。

悔しい思い

嫌な思い

後ろ向きな思いや感情

も、記録することでスッキリします。

悶々としていることでも、言語化し書きだしていくことで、自分の中でいろいろと整理されますし、一歩引いて客観的に見ることができます

「こんなことがあってすごく嫌だった」 というようなことも、こういうことがあって、何故嫌と思ったのか、書いているとなんだかスッキリしてきます。 誰かに話しを聞いてもらったときのような感じ。 そしてそれを数日後に見返すと、こうすればいいかなとか、こうすれば次は回避できそうだとか、そんな風に思えてきます。

ライフログというと、品行方正な事を書かないといけないような気がしたりするかもしれませんが、そんなことはなくむしろ暗い気持ちこそ書いたほうがいいです。 そんな簡単に物事は解決しないよ! ということもきっとありますが、それでも何もせずに自分の内に閉じ込め悶々としているよりはいいかと。

 

アンテナ感度アップ

ライフログを始めて、いろんな事を記録して、それらを見返してホクホクしていると、よーしもっと記録してやる! 的な気持ちになってきます。 そうすると、日々の出来事いろんなことが(良い意味で)引っかかってきて楽しくなります。

いわゆる「自分のアンテナ感度が上がる」ということです。

良い事も悪い事も、いろんなことに気づけるようになると、ちょっと冷静に物事を見ることができます。 物事を多様的に見ることができ、人生も人間としても豊かになれるんじゃないかなと思います。

 

記録して、そして振り返ろう。

そんなわけで、ライフログおすすめ。 とてもおすすめ。

本書では、スマートフォン+Evernote でしたが、ガラケー+メール、とかでもいいと思います。 とにかく記録して、そして振り返ることが大切。

何を記録するのか、どうやって記録するのか、どうやって振り返ればいいのか。 これらは本書に詳しく書いてありますのでぜひ読んでほしいです。 (私の実際にやっているやり方は、また別のエントリで書きます。)

ライフログで、人生をより良いものに。 そしてそこから、世界をより良いものに。

 

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly