レシートはスキャンして Evernote に保存がイイ感じ

thikasa

Category: Evernote, ライフログ / Tag: ,

レシートの管理、どうしていますか?

家計簿とかにたまに使うことになったり、品物を返品する時に使ったり、見返すとちょっと面白かったり。

捨てたいでもなかなか捨てられない! とっておいて良かったーってことも何回かありました。 (問い合わせの電話とか)

でもあれとっておくと変にかさばったりするんですね。綺麗にまとめておくのが難しいので。

なので、レシートとっておくのって便利なんだけどなんか嫌だなぁと思っていました。

そこで登場。 ScanSnap 1500。 そう、スキャンしちゃいます。

 


最初は写真を撮ってました

最初は、スキャンじゃなくて(レシートの)写真を撮ればいいと思っていたのですが、スーパーとかでたくさん買うと、レシートの長さが 30cm くらいになることがよくあるのです。

これだと写真が非常に撮りづらい。 そして撮ってもなんか内容が判別しづらい。

なのでレシートを写真に撮るのはやめました。 レッツスキャン!

 

レシートをスキャンする

レシートをスキャンするにあたっては、あまり考えることはありません。 基本的にガンガンスキャンしちゃえばOK。 レシートって、だいたいは2種類の幅のものに分けられますが、 

Receipts01 

 

これら種類(幅)の異なるものを一緒にフィーダーに置いてしまっても大丈夫。 

ScanReceipt01 

 

どんどん読み取ってくれます。

までも、種類のが異なるレシートを混ぜてスキャンすると、たまに幅の狭い方がちょっと曲がったり傾いたりして、スキャン後の画像が欠けてしまうこともあります。 なのでスキャンするにあたり、レシートの幅は揃えておいたほうがいいでしょう。

  ScanReceipt02

 

長さは、もうホントいろんな長さがごっちゃに混ざっていても大丈夫です。

なお、レシート、同じ幅のものをあらかじめ揃えておくには、レシートを入れる時、財布等入れ物の段階から分けておいたほうがいいです。 後々楽です。

 

保存は Evernote がイイ

で、スキャンした後は Evernote です。 スキャンしてできたファイルをインポートフォルダに設定しておくと取り込みが簡単。

なんで Evernote かっていうと、クラウドに保存、というのももちろんありますが、それよりもレシートに書かれている文字を認識して検索できるのがとても便利だから。

この検索できる、というのが本当に便利で、

  • お店
  • 買った物
  • 日付

など検索できます(もちろん他の情報でも)。

お店の名前とか、ちょっとデザインされた感じのフォントでもそんなに崩れてなければ引っかかってくれます。

日付で検索できるので、スキャンして取り込むのも買い物をしたその日じゃなくて一週間に一度とかまとめてでOK。

スキャンする順番(日付順とか)も気にすること無し。 必要に応じて後で検索すればいいです。

スキャンするという手間はありますが、気張らず緩くできるのがイイ感じ。 ScanSnap 持っている方にはぜひオススメです。

 

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly