私の iPhone ホーム画面(2011/11/03 版)

thikasa

Category: iPhone / Tag:

iPhone 4S にしてから、ホーム画面に置くアプリやその位置をいろいろと再検討し、なんとか落ち着いたので現時点でのホーム画面を記しておきます。 こんな感じになりました。

 IPhoneHome01

 

当たり前のことではありますが、ホーム画面なので、よく使うアプリをまとめて、直接起動できるように(フォルダは使わない)してあります。

と言いつつフォルダがあるわけですが(汗、これは例外なので基本的には直接起動です。

さて、どんな観点で配置しているかというところの、まずはおおまかなものですが、エリアとして3つに分かれます。 こんな感じ。

 IPhoneHome02

 

下から、固定エリア、メインエリア、サブエリア、と呼ぶことにします。

 

固定エリア

言わずと知れたというか、きっとみんな同じだと思うのですが、ここは毎日使うものを置いています。

  • メッセージ:毎日 MMS するしこれは必須
  • OneCam:気軽なスナップ写真にはこれ。毎日晩ご飯を撮影してライフログにしてます。
  • Tweetlogix:最近使い始めた Twitter クライアント。すごく良いです。使いやすいしなんといっても軽いのが素晴らしい。毎日の Twitter ライフに欠かせません。
  • Reeder:Google Reader は正直これ以外では見たくない。毎日の情報チェックの効率アップ。

 

メインエリア

ものによっては毎日、というわけではありませんが、私の常用アプリはここに置いています。

さてちょっと変わった感じのこのエリア。 なぜこんな三角形のようなエリアに区切っているかというと、片手で持った時に親指で届きやすい距離がこのエリア内になるからです。

歩きながら、とか。 カバンからサッと取り出した時、とか。 片手で持つことが多い iPhone の操作は親指でやることが多く、その時に操作しやすいのがこのエリアです。

なお、プロカメラとカメラ、2つのカメラアプリがあり、先ほどの固定エリアの OneCam も併せると3つのカメラアプリがあります。これらはこんな風に使い分けています。

  • OneCam:気軽なスナップ写真、ライフログ用のちょっとした写真を撮りたい時
  • プロカメラ:ちゃんと写真を撮りたい時
  • カメラ:動画を撮りたい時

でも iOS5 になって標準カメラアプリもかなり良くなたので、プロカメラじゃなくてもいいかも…と思ったりしてるので、ここはまだちょっと迷っています。

 

サブエリア

メインエリアから外れてしまったここは、(手が小さい私にとって)親指では操作しづらい場所です。

なので、基本的には、片手で iPhone を持っている時には起動しないようなアプリがここにあります。

例えば「ミュージック」なんて音楽好きな私は毎日必ず使うアプリですが、だいたい音楽を聴く時はどっしりと腰を落ち着けてから聴くことが多いので、親指で起動することはまずありません。 それにアプリ自体が親指では操作しづらいですしね。

「標準」は、もともと iPhone 入っていたアプリをフォルダにまとめたもの。 中でも、連絡帳、電卓、メモ、リマインダー、これらはよく使います。 標準アプリということでフォルダとしてまとめてはいますが、この位置、実は親指でのアクセスがメインエリアに次いでやりやすいという良い条件の場所です。なのでこの位置に。

 

こんなところでしょうか。 また配置を変えるような時には記事にします。

 

RSS 登録

もしこのブログを気に入っていただけたのなら、RSS 登録をお願いします。
最新情報をお届けします。

follow us in feedly